模型

環境ステーションが人気|何でも相談できる優良会社

特徴と注意すべきこと

オフィス

企業の生き残り戦略や更なる成長を目指して企業買収を行うことが増えています。企業買収には様々な形がありますが、最もポピュラーな方法は株式譲渡です。会社を売りたい方が買いたい方に株を売却し、それによって企業買収が成立します。株式譲渡が完了するまでには様々な手続きがありますが、基本的には株が移動するという極めて単純な構造になっています。また企業買収を行うことには次のようなメリットが挙げられます。契約関係をそのままの状態にすることが出来るため、取引や賃貸借などはそのまま運営することが可能です。また買収された企業は基本的には子会社となるため、直ちに企業文化などが変化するわけではありません。出来る限り簡潔に事業の統合が図れる点が特徴です。

もちろん企業買収には注意すべき点もあります。買収した場合には、買収した方からされた方へ経営陣を送ることになりますが、この際に軋轢が生じる可能性があります。やはり買収される側にとっては、その会社なりのやり方がありますが、新しい経営陣としてもやり方を持っているはずです。当然企業文化が変化することもあるでしょう。その際に買収された側を配慮しながらも徐々に新しい企業文化を作り上げる努力が必要となります。もしここで躓いてしまった場合、せっかくの企業買収のメリットを上手く享受できないことにもなってしまいます。そのため買収して間もない頃はお互いを尊重し合いながら、話し合いの機会を多く設けることが非常に重要です。